医療事務で正社員を目指す!まずはパートの求人情報をチェック

家庭と仕事を両立するために~女性向け制度から医療事務求人を選ぶ~

医療事務で正社員を目指す!まずはパートの求人情報をチェック

パソコンを操作する人

医療事務の正社員になるコツ

転職先や再就職先として人気の高い医療事務の仕事は求人が多いのも魅力の一つです。しかし契約社員や派遣社員の募集が多く、正社員の募集は争奪戦になっています。医療事務の正社員は即戦力を要するため経験者優遇のケースがほとんどです。名古屋で医療事務の正社員になりたいのならまずは派遣社員や契約社員で登録し、着実に実績を積むことをお勧めします。

医療事務の女性向け制度の種類

医療事務は女性の多い職場です。女性は仕事一本に集中するというわけにはいかず、家庭や生活と両立しなければならない人が多いのも現状です。せっかく仕事についても産休に入らなくてはならない、子供が病気になった、介護で長期の休暇が必要という人が多いのが現状です。名古屋で医療事務の仕事を探すなら復職する制度がしっかりしているところや、契約社員でも産休が取れる制度が充実しているところがよいでしょう。

医療事務の仕事に向いている性格

向学心を持って仕事ができる人

医療の現場は日々進化を遂げています。用語が変わるのはもちろん、システムや制度が変わる事もあります。医療事務の仕事は医療の制度が変わった時だけでなく、保険の制度や年金などの制度が変わったときにも影響してくるので変化に対応できる向学心のある人が向いています。

正確でスピーディーな仕事ができる人

医療事務の仕事のメインはレセプト業務といっても過言ではありません。患者さんのためにも請求書の提出期限などに間違いや遅れがあってはならないのです。書類の正確さはもちろん、スピーディーさも要求されます。のんびりマイペースでやるのではく、やる気を仕事に反映することができる人が向いています。

患者の気持ちを理解できる人

病院にはいろいろな人が訪れます。病気に不安をかかえたまま長時間待たされ、窓口へクレームを入れる人がいるのも日常茶飯事です。医療事務は病院サイドと患者さんをつなぐ窓口にもなりますので、たとえクレームを入れられてもその痛みを理解し一緒に解決できる懐の広さも必要となります。

パソコンスキルに長けている人

ひと昔前の医療事務は紙ベースがほとんどでしたが、大病院はもちろん、小さな診療所にもIT化が進み、電子カルテも普及も手伝ってパソコン抜きでは仕事ができないのが現状です。これから医療事務に就く人はパソコンスキルも必須なのでマルチに対応できる人が重宝されます。

広告募集中